妊娠中の方と赤ちゃん

妊娠中の腰痛

おなかが大きくなると腰が痛い・・・、腰の痛みも和らぐしおなかも軽くなったカンジ★
胎児の成長と出産に向けて身体が変われば、腰痛はほぼ解消出来ます。
  • 1妊娠中の女性の体は、胎児の成長に合わせて刻々と変化します。もともと子宮は骨盤の中心に有るのですが、お腹が大きくなると、前に出てしまいがちです。腰椎の変化が順調に推移する事で、胎児が居ても子宮が骨盤の中心に来るようにする事で、腰痛は解消されます。
  • 2大きくなった子宮の回りの内臓にもいい影響が有り、便秘や肩こりの軽減にもなります。

睡眠中のふくらはぎの突っ張り

妊娠後期、寝ていると足がつる、足がつらなくなる
骨盤と足首の調整ですっきり。けがの予防にもなります。
  • 1ふくらはぎのトラブルは、下肢の循環障害か足首に問題があって、筋肉に負担が掛かり過ぎる場合によくおきます。
  • 2下肢全体の循環障害は、骨盤回りの筋肉を緩める事で解消します。
  • 3筋肉の問題は、足首に有る問題を解決する事で解消します。

逆子

逆子・・・ホッ
胎児は頭が下の方が楽。居心地の良いお腹が好き。
  • 1逆子は胎児が子宮の中で、居心地が悪くなったり、苦しくなると起きます。
  • 2よくあるケースとしては、骨盤の歪み・腰椎の固さ・股関節の障害・子宮への循環障害等です。
  • 3逆子は、問題を解決すると殆どのケースで戻ります。妊娠後期には出産に向けての体の変化も起ります。産道が開き易い状態にもっていく事で、出産もスムーズに進みます。

乳幼児の不眠

泣いてばかりで長く寝ない・・・よく寝るようになった
赤ちゃんの睡眠は大人よりも大事。寝る事で成長します。
  • 1生まれてすぐの赤ちゃんは、全身から発するエネルギーに満ちあふれています。立位にならない新生児は、重力の負荷を受けないので、全身を血液やリンパ・脳脊髄液が巡っているからです。
  • 2母体のリズムを感じながら成長してきた胎児は、産後地球のリズムを感じ、1週間位から自分の身体のリズムを合わせて行きます。しかも1日の三分の二以上の時間睡眠を取り、その8割をレム睡眠という身体の成長のための睡眠に当てます。
  • 3新生児が眠れない原因は、大きく分け2つ有ります。
    (1) 神経系の働きが悪くて血液などの循環が良くない。この場合の多くは頚に問題が有ります。
    (2) 脳脊髄液の循環が悪くてレム睡眠がうまくとれない。結果、内臓の発育が追いつかない。
  • 4私達は、循環障害を起こしている場所を丁寧に見いだして、ほんの僅かな力を使って、身体が持つリズムを整えます。

赤ちゃんの元気がない時

熱もない、具体的な症状もない、でも食べない、飲まない、元気がない、夜も度々起きる 食欲が出る、動きが良くなる、良く寝る
元気のない赤ちゃんは心配ですね。病院に行って様子を見るようにと言われた時にはお試し下さい。
  • 1赤ちゃんや乳幼児は元気なのが普通です。元気のない時は、感染症等の他にも色々な原因が考えられます。
  • 2赤ちゃんは全身が機能体です。神経とそれを支える組織と血液や脳脊髄液の循環が大切です。
  • 3首は神経の伝達を支える大事な部位ですが、一番弱い場所でもあります。首の骨が上手く動けなくなるだけで、身体全体の機能が大きく損なわれます。的確に施術する事で、その機能を回復させます。
  • 4その他は殆ど循環の問題です。脳脊髄液の循環を整える事で、多くの問題を解決出来ます。
  • 5脳脊髄液の調整は、頭と、胸か仙骨(おしり)に手を当ててリズムを整える事で行います。

股関節の脱臼と回排制限

股関節脱臼、足開かない 開いた
出産の時に負担のかかる首、ちょっとした歪みでも股関節に影響します。
  • 1出産後のよくあるケースとして、股関節の問題が有ります。普通赤ちゃんは、左右180度まで開くのですが、何らかの問題があると、制限が出ます。
  • 2手足と首を僅かに動かす程度の赤ちゃんにとって、関節そのものに問題が有るのは稀で、ほとんどが機能的な問題です。特に出産時の首の問題が多く、脳への血流と脳からの神経の伝達機能を良くする事で、可決するケースが殆どです。